江川卓を再評価する

2016 年 6 月 3 日 金曜日 投稿者:mituoka

1464920001893

最近のマイブーム。(←この和製英語、好きじゃないんですが)

毎晩ベッドに入り、眠りにつく前の数十分間、youtubeで、数十年前のプロ野球の実況中継を見ること。

 

昨夜は江川卓投手(巨人)が投げている数試合を見ました。

打者の手元で、まさに「ホップ」する快速球。

肩の力を抜いて、かる~く投げているのに、あれだけの球をほうれるのが不思議です。

 

当時のテレビ中継画面のスピードガンでは140キロ代しか出ていませんが、今の投手たちと比べても、江川の球ほうが遥かに速いように感じます。

最近の野球中継を見ていて150キロ代が頻繁に出ていますが、今と昔とでは、計測方法が違うのか?

江川は絶対に160キロ以上を投げていた!と思うのですが、いかがでしょう。

 

さて、6月3日、金曜日。

今日は何の日だろう?ってググってみたら、「測量の日」ですって。(江川とはまったく関係のない話題で、すみません)

1949(昭和24)年、測量法が公布されたことを記念して、1989(平成元)年、建設省(現在の国土交通省)が制定されたらしい。

まったく知りませんでした・・・。

測量士の方々はもちろんご存知でしょうね。

 

ちなみに司法書士の日というのもありまして、8月3日がそれにあたります。

その由来については、日本司法書士会連合会のHPをどうぞご覧ください
http://www.shiho-shoshi.or.jp/association/info_disclosure/info/5494/

 

 

タグ: , , ,

コメントをどうぞ

*