過払い金・借金問題

メールご相談フォーム

コラム

イラク武装勢力、横国大生を開放

2008/06/17

 14日、横浜国立大学生・中村聡志さんが武装麻薬密輸団からようやく開放された。私は横浜国立大学経済学部に席を置いたことがあるので中村さんは「後輩」にあたる。だから、というわけではないがこの朗報にホッとした。8ヶ月もの長い間拘束されていた恐怖は相当なものだっただろう。記者会見において中村さんは何度も「迷惑をかけて申し訳なかった」と発言していた。喜びいっぱいの会見でいいはずだが、お詫びを入れるのは日本人の奥床しさからか。

 この会見を見て思い出されるのが4年前同じくイラクで武装勢力に拘束されたうえに殺害された香田証生さんのご家族の会見だ。香田さんの父親は息子が殺害された無念・悲しみについては一切触れず、「みなさんにご迷惑をかけて申し訳ない」旨の発言に終始した。あのとき武装勢力は日本政府に対しイラクからの自衛隊完全撤退を条件に香田さんを解放するとしていた。犯人たちの潜伏先もわからないままタイムリミットが迫り、それでも政府は撤退を検討することなど一切せず、他の方法による救出を模索したのみだった。言葉は過ぎるが「国益優先」により見殺しにされたも同然のように思えた。香田さんのご家族、そして香田さん自身はこう訴えたかったに違いない、「小泉総理、自衛隊を撤退させてくれ!」と。
 たしかに今回の中村さん、そして香田さんの場合も、彼らの不注意から被害に遭ったと言えるかもしれない。しかし、若さゆえの冒険心、青臭いながらも精一杯の正義感と勇気を持っての危険地帯侵入を私は全面的に責めることはできない。百歩譲って責めることができたとしても、それが「死」をもって償うほどの罪だとは到底思えない。自衛隊撤退など不可能に近いことはわかるが、政府には形式的にすぎなくても選択肢のひとつとしてもらいたかったし、言論の自由が保障されている日本のマスコミさえもそれをまったく語らなかったことが今でも不思議だ。

コラム一覧に戻る
無料相談はメールまたはフリーダイヤル0120-714-316
▲PAGETOP