過払い金・借金問題

メールご相談フォーム

コラム

青春を駆け抜けたオグリキャップ

2008/06/12

 バブル末期の日本において巻き起こった競馬ブーム。その先頭に立っていたのはオグリキャップでした。今日はそのオグリキャップに対する私の思いを書きます。

 岐阜県の笠松競馬という小さな競馬場でデビューしたオグリキャップはそのあまりの強さから、中央競馬(JRA)に移籍する。中央競馬においてはお世辞にも「良血」と言えないオグリキャップが並み居る一流血統馬たちエリートを次々になぎ倒し、スターにのし上がる。遠く離れた絶望的な位置から逆転したり、抜き去られたと思ったら抜き返す。常識を覆す過酷なローテーションをものともせず世界レコードタイムで駆け抜けたりもした。最後まで諦めず頑張りぬくその走りには他の馬にない「生気」がみなぎっていた。彼が走るたび私の胸は締め付けられ、そして高まった。そんな彼も年齢的な衰えから晩年は連敗を重ねることになる。しかし、最後の最後、引退レースの有馬記念で劇的復活を果たし、「オグリ劇場」の幕を閉じた。簡単に書くと彼の半生はこんなところである。

 オグリキャップが引退して数ヵ月後、私は大学を中退しフリーターになった。フリーターという言葉が生まれたのはその時期であったので「時代の先端を走っているんだ」などと呑気に構えていた生来の楽天家である私であったが、それでもさすがに時折将来に対する不安を覚えた。対照的に楽しかった学生時代を思い出し寂しさに駆られたりもした。そんなときはオグリキャップのレースのビデオを見た。頑張れば道は開けると勇気付けられた。

 人間のほとんどは一流血統ではない。庶民である。夢を追い田舎から上京し努力の果てに栄光を勝ち取る、絵に描いたようなサクセス・ストーリーをオグリキャップは日本人に見せてくれた。誰もがそこに自分の姿を投影したことだろう。ディープインパクトは強かった。シンボリルドルフは逞しかった。彼らの競争生活を振り返ると、歴史上の偉人の伝記を読んでいるかのようで畏怖し敬服する。しかし、オグリキャップは違う。まるで物語の主人公のようだった。庶民でも手を伸ばせば届くのではないか、と思わせる世界にいた。偉くなっても決して威張ることのない気さくなアンちゃん、それがオグリキャップだった。

 現役を引退し種馬になった彼だが、彼の偉業に肩を並べる子を出せずに昨年種馬を廃業した。種馬としては大失敗に終った。サラブレッドたちの血統表から彼の名はいずれ完全に消え去るはず。しかし、オグリキャップは私の記憶から消えることはありません。「大げさに!たかが馬じゃないか」と言わないでください(苦笑)。オグリキャップのことを考えると私は今でも少しだけ暖かい気持ちになるんです。私にとって彼は、諦めないこと・頑張りぬくことの大切さを教えてくれたヒーローです。

 

コラム一覧に戻る
無料相談はメールまたはフリーダイヤル0120-714-316
▲PAGETOP