過払い金・借金問題

メールご相談フォーム

コラム

「誰にも言えない」  債務整理・過払い金返還請求・借金問題 について

2008/06/04

【借金問題・過払い金・自己破産の無料相談は054-251-2681】

 現在ケーブルテレビにおいて再放送されているドラマ「誰にも言えない」にハマっている。ご存知「ずっとあなたが好きだった」の続編。「ずっと~」は佐野史郎演じるマザコンの『冬彦さん』があまりに有名。「誰にも言えない」のほうは同じく佐野史郎が演じるストーカー『麻利夫』が一世を風靡した。92年~93年に放映されていたドラマ。やはり現代と比べると、ファッションをはじめ文化がかなり違うことに気づく。特に携帯電話がないことに違和感を感じる。私たちにとって携帯が必需品になっていることを再認識した。もしドラマの中で賀来千香子が携帯電話を持っていれば信頼できる友人たちと常に連絡を取り合い、冬彦や麻利夫の迫り来る恐怖はかなり軽減されていたはずだ。
 
 話はそれたが債務整理について。いまだに債務整理という法的手続を知らない人が多いし、知っていても専門家に債務整理を依頼することにためらいを感じる人も多い。
 債務整理を知らないかたは多重債務に陥った罪悪感・劣等感から、まさに『 誰にも言えない』状態なので自分ひとりで借金問題を解決しようとする(多重債務問題は、むしろ貸す側に問題がある場合が多いので、恥じ入る必要はないのだが・・・)。グレーゾーン・違法利息・過払い金という知識を得てサラ金業者に立ち向かっても「司法書士・弁護士を通して話をしてくれ」と突っぱねられる。ようやく司法書士等専門家による債務整理の存在に気づき債務整理をしたいと思っても、「法的手続を取れば会社・家族らに知れ渡る」という誤解から専門家に依頼することを躊躇する。結局のところ何の手を打つこともなく、そして「債務整理をしたい、過払い金を請求したい」と思いつつも、以前と変わらぬ違法利息を支払い続けることになる。そして状態はますます悪化する。

 債務整理という法的手続きの存在を知ってもらうこと、債務整理についての誤解をとくこと、そして究極的には多重債務のない社会を創ること。この三つを目標に私たち専門家は活動している。当事務所がHPを立ち上げたのはそのためでもある。債務整理・過払い金返還・自己破産。これらに共通していえるのは、みなさんが考えているほどデメリットは多くない、むしろメリットが多いということだ。
 
 『 ずっと債務整理がしたかった』というかたはぜひ司法書士・弁護士に相談してください。

コラム一覧に戻る
無料相談はメールまたはフリーダイヤル0120-714-316
▲PAGETOP