いつものくせでつい・・・札幌債権回収との裁判

2013 年 7 月 8 日 月曜日 投稿者:mituoka

先週の木曜日に、このブログで紹介した事件。

原告 札幌債権回収
被告 Aさん(訴訟代理人 私)

 

原告から提出された取下書。

これに私は同意していない。

同意すれば、裁判はうやむやのうちに終わってしまう。

しっかりと「原告の請求を棄却する」判決を得たいと考えている。

 

午前10時30分、定刻。

傍聴席内に、見覚えのある仏頂面(ぶっちょうづら)を見つけた書記官は、ちょっと驚いたように近づいてきて、こうおっしゃった。

三岡先生、今日はえ~と・・・

札幌債権回収とAさんの事件のために来ました

・・・わかりました

そうおっしゃりながらも、書記官は、やや腑に落ちないようだ。

 

本事案のようなケース、被告側はあっさりと同意してしまうのが常(つね)なのか?

しかし、万が一にも、原告からの請求が「ぶり返す」ことのないよう、棄却判決を取っておくほうがいいと私は思う。

 

それでは法廷にお入りください

書記官に促された私は、ついつい、いつもの癖で(?)原告席に座ってしまった。

 

あっ!先生!今日は被告席ですよ!

注意され、赤面しながら、向かい側の被告席にそそくさと移動した。

カッコわるっ・・・。

 

第2回弁論期日は、9月2日となりました。

 

 

無料電話相談フリーダイヤル ☎ 0120-714-316
登記費用無料見積り ・相続・遺言・債務整理 ・過払い請求の【司法書士法人 静岡】

 

 

 

タグ:

コメントをどうぞ


*