債務整理CMの功罪

2012 年 8 月 29 日 水曜日 投稿者:mituoka

今朝の静岡新聞の社会面。

弁護士・司法書士による債務整理顧客「獲得合戦」についての記事が掲載されていた。

CM等による競争の激化が、法律サービスの質の低下につながることを憂いている。

総じて、CMに否定的な論調だ。

しかし、多重債務者の中には、CMを通じて、はじめて「過払い金」「グレーゾーン金利」の存在を知ったかたもたくさん存在する。

つまり、大手事務所は(結果的にではあるが)その事務所の存在だけではなく、「過払い金」そのものを宣伝してくれた。

諦めかけていた多重債務者たちに、救われる道があることを教えてくれた。

CMが演じた役回りは、何も悪役だけではないのだ。

もっと言えば、そうしたCMのおかげで、私のところのような田舎の小さな事務所だって簡易なホームページをこしらえさえすれば、いわば「寄生虫」のように、債務整理事件を受注し続けることができた。

「ラジオで東京の事務所のCMを聴いて、自分にも過払い金があるかもしれないと思ったけど、頼むなら近いほうがいいのでネットで検索してみたら、おたくに行き着いた」

今でもそう言って、うちの事務所を訪れる顧客は少なくない。

そうした意味では、CMに感謝しなければいけない、とも思う。

記事が説くように、やりすぎはよくない。

だからといって、おさえつければいいというものでもない。

むずかしいな。

孔子さん、「中庸」の加減を教えてください。

 無料電話相談フリーダイヤル
 ☎0120-714-316
債務整理・過払い請求の【司法書士法人 静岡】

コメント / トラックバック 2 件

  1. 熊本人 より:

    先生、お邪魔いたします。
    前回も書いたように、私は本人訴訟をしています。

    CM打つのはいいのですが、過払い金の存在を知って調べ始めた時に、業者と裏で繋がってる弁護士事務所があって、裏取引でそこの業者に仕事を斡旋する引換に、無知な債権者に対し、無茶苦茶な額の和解に持ち込み、総額を引き下げて手を打たせている、という事を聞き、本人訴訟を頑張ってやっています。

    どこも仕事は欲しいでしょうし、表裏一体が世の常でもあります。
    ですが、やはり弱者救済がなされなければ、不法行為であるグレーゾーン金利は解決しません。

    先生のような、正義漢に出会えなかったことが多くの時間を費やした私にとっても悔やまれます。

    その心意気で、頑張って下さいね。

  2. mitsuoka より:

    熊本人 様

     コメントをいただき、ありがとうございます。

     お元気でしたでしょうか。

     おっしゃるとおり、業者とつながっている弁護士・司法書士は実在するようです。

     最近もたしか、ニュースになってました。

     まったく言語道断ですね。

     熊本人さんのように、本人訴訟をお選びになるお気持ちも理解できます。

     最近は、せっかく改正した貸金業法を、時計を逆戻りするかのような「改悪」の道へ引きずり込もうとする政治家もいますし、過払い訴訟においても業者側に立った判断が下されるケースが目立つように思います。

     私たちがもっと頑張らねば、と思っております。
     
     静岡も暑いですが、熊本はもっと暑いでしょうね・・・。

     こないだの豪雨のとき、熊本に行きました。新幹線が不通でしたので、苦労しました。

     来月あるいは再来月には、また熊本に行くつもりです。

     よろしければ、またコメントをください。

     ありがとうございました。
     

     

コメントをどうぞ


*